お知らせ

2022年12月06日
今日は食育の日・・何をどうするのかと・・

思ったら・・・・

いつもはお茶碗にご飯がついであり、副食・汁物が必ずついていて、すべて給食先生に準備して貰っていますが、今日はその具材をお弁当箱に自分の食べれる量を詰める・・・お弁当ごっこをするとかなんと粋な計らいでしょう。保育者はそれぞれ子ども達が日々どうしたら楽しいんでくれるかを考え、給食先生はどうやたら、食べ辛い野菜やお魚を食べれるか・・・って考えての事だと思います。コロナ禍で思うようにはいきませんが少しでもと先生の配慮に心があったかくなります。先ほど検食が届きました。写真でお見せ出来ないのが残念です。(私に技術がないので)

さて中身は、俵にしたおにぎりとお魚のフライ・ウインナー・ポテトサラダの🌸の花びら、苦手なブロッコリー・キャベツ・大根(園で栽培したは大根)・トウモロコシ・カツオとで、あえた和え物、おにぎりにはしそのふりかけがかかって楽しいだろうな、自分のお弁当作り・・

子ども達がワクワクするような事をいつも考えながら保育・給食に我が子のように取り組んで貰ってる先生に感謝です。今ニュースで聞くような悲しいことはありませんよ。ただ園でも職員が入職時と退社時は「園内で知りえたことは他言しない」ようなことは確認し合います。これはルールですから・・・

さあ 子ども達楽しそうに完食していました。お箸の袋が給食先生の手作りだったのが気にいったようで大切に持ち帰っていました。愛が伝わるんですね。

とは言え何時何が起こるかわかりません。心してみんなで保育にあたらせて頂きます・・・が何かありましたら遠慮なくお声かけ下さい。

アクセス
お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせはこちら
082-293-2667